コーポレートカード・ビジネスカード・法人カード、3枚の違いを比較

法人カードの別名「コーポレートカード」「ビジネスカード」の違いとは?

法人カードの別名

 

法人カードを調べていると、「コーポレートカード」「ビジネスカード」という呼び名が違う法人カードがあることはご存知ですか?

 

違う呼び名のカードが出てきてしまったため、不思議に思った方の中には「コーポレートカード?ビジネスカード?」と疑問が沸いた方もいるのではないでしょうか。

 

「コーポレートカードやビジネスカードと呼ばれることで、法人カードとの違いや特徴の変化はあるのか」。
そこで今回は、法人カードの別名である2つのカードの異なる点を解説します!

 

 

 

 

 

2種類の法人カードの違いについて

 

法人カード・コーポレートカード・ビジネスカード、この3枚についての違いを説明します。

 

大前提なのは、この3枚の使い方に大きな違いはありません
違うのは使い方ではなく、これら3枚の発行対象にあります。

 

例えば、大企業の利用に合わせて作られるのがコーポレートカード。
法人カードやビジネスカードと違うのは、利用限度額が高く、発行枚数も何十枚〜無制限といったものが多いです。

 

次にビジネスカードですが、こちらは中小企業個人事業主を対象にした法人カード。
役員クラスや個人事業主にとって、使いやすくてお得な付帯サービスを備えているものが多いです。

 

そして法人カードとは、コーポレートカードとビジネスカードを一括りにした総称です。
または、ビジネスカード=法人カードという考えもあるのですが、どちらが正しいとかは無いのでこの考え方で大丈夫です。

 

ではここで、コーポレートカードとビジネスカードがどのような使い方をされているか、特徴を確認します。

 

 

 

 

 

コーポレートカード

ビジネスカード

 

コーポレートカードとは、大企業を対象に作成される法人カード。

 

コーポレートカードの特徴は、利用限度額や追加発行枚数の上限が高いこと。
大企業ともなると社員数は多く、毎月多額の支出があるので、利用限度額や追加発行枚数の高くないと話にならないからです。

 

大企業がコーポレートカードを利用することで得られるメリットは、経費処理の簡略化にあります。
計上する書類の不備が減るだけでなく、経理の労力を軽減できるので、結果的に時間や人件費の削減ができます!

 

審査については、コーポレートカードは会社の規模が重要になるため、会社と代表者のスペックが重要視されます。

 

大企業におすすめのコーポレートカードはこちら!

 

 

 

オリコビジネスカードゴールド

コーポレートカード1

 

オリコビジネスカードゴールドは、ビジネスシーンの利用に特化した優秀なコーポレートカード!
その特徴は利用限度額・発行枚数はもちろん、年会費にもあります!

 

このコーポレートカードの利用限度額は最高1,000万円と超高額!
一般的なゴールド法人カードの利用額は300万円なので、比較してみるとコーポレートカードの凄さを実感します。

 

追加発行枚数が最大20枚なのですが、各コーポレートカード毎に利用限度額が設けられるので、最高2億円の利用限度額を作り出すことも可能!

 

1枚持つだけでも十分なサービスなを持つコーポレートカードですが、年会費はたったの2,000円と格安
さらに審査も甘いコーポレートカードなので、他の法人カードよりも比較的通りやすい傾向にあります。

 

ETCカードの無料発行や保険サービス、空港ラウンジの使用等サービスが豊富なので、ぜひ1枚所持しておきたいコーポレートカードです!

 

 

 

JCBビジネスプラスゴールド

コーポレートカード2

 

知名度の高い、信頼性に長けたJCBビジネスプラスゴールド。
このコーポレートカードは、通常とは異なる特徴を持っています。

 

通常の法人カードは決済でポイントが貯まるのに対し、ビジネスプラスは決済の数%がキャッシュバックされます
対象となるのは交通費・宿泊費の利用額がキャッシュバックされるので、出張が多い社員が所持することで有効利用できるコーポレートカードです。

 

ガソリンの給油もキャッシュバック対象の他、ETCカードの発行と年会費が無料のサービスもあるので、営業・出張の頻度が多い方は特に検討してほしいコーポレートカードです。

 

 

 

 

 

ビジネスカード

コーポレートカード

 

大企業向けのコーポレートカードとは対照的に、ビジネスカードは中小企業が対象の法人カード。
会社の中でも数人(社長や役員クラス)が所持する法人カードとして作成しており、利用額の引き落としは会社、もしくは個人での支払いも可能です。

 

そんなビジネスカードでおすすめなのはこちらの2枚。

 

 

 

セゾンプラチナ・アメックス

ビジネスカード1

 

法人カード最高ランクのセゾンプラチナビジネスカード。
プラチナだけあって、社長・役員クラスが持つビジネスカードとして申し分ない付帯サービスを所持してます。

 

例えば利用限度額、こちらは審査で決まるため特に上限はありません。
他にも最大1億円の旅行傷害補償や、プラチナ特有のコンシェルジュの利用ができるビジネスカードです。

 

こちらはマイレージに特化したビジネスカードで、1.125%と平均の倍以上の還元率を保有しております。

 

年会費は20,000円ではあるものの、追加発行(最大4枚)分の年会費は3,000円とお得なビジネスカード。
また、年間利用額200万円を超える利用者は、年会費が20,000円から半額の10,000円なるなど、さらにお得なサービスがあります!

 

ステータスだけでなく利用価値も高いこちらのビジネスカード。
役員クラスや個人事業主の方はぜひご検討ください。

 

 

 

オリコ Gold For Biz

ビジネスカード2

 

オリコビジネスカードゴールドと同じく、オリエントモールが発行するオリコGold For Biz。
法人カードきってのコストパフォーマンスを誇り、利用者支持の高いビジネスカードです。

 

支持率が高い原因は、ポイント還元率と年会費。
最大1.6%という高還元率でありながらも、年会費は2,000円と格安なのが人気の理由です。

 

3枚の追加発行と最大300万円の利用限度額は、利用者に不満を感じさせず使えるだけでなく、高還元率のポイントでどんどん貯まります。

 

現在、初年度の年会費が無料のキャンペーンを実施しているため申請者が非常に多いのですが、3人に2人が審査に通る甘い基準なので、これから申請する方におすすめのビジネスカード。

 

年会費を抑えて、充実した付帯サービスをご利用になられたい方は、こちらのビジネスカードがおすすめです!

 

 

 

 

 

【まとめ】選び方は会社の業態や規模

法人カード

 

コーポレートカードとビジネスカードの違い、お分かりいただけたでしょうか。

 

今一度確認しますと、呼び名は違えど法人カード・コーポレートカード・ビジネスカードに大きな違いはございません。
会社の業態や規模によって選ぶべきカードが違うということが分かっていただければ幸いです。

 

コーポレートカードとビジネスカードの違い
コーポレートカード 大企業向け法人カード
ビジネスカード 中小企業・個人事業主向け法人カード

 

法人カードを所持していれば、これからのビジネスシーンで大きな利益を生み出すことができます。
記事を参考に、あなたに最適の法人カードをご検討ください。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ