コスパランキング!法人カードで年会費が比較的かからないものとは?

コスパランキング!法人カード年会費徹底比較!

 

安いのにステータスは高い?コストパフォーマンスに優れた法人カードの紹介!

 

法人カードを選ぶとき、誰もが比較するのが年会費でしょう。
下は安い物で1000円ほどから、高いもので10万円を超える法人カードがあるなど、年会費の設定は様々です。

 

そんな法人カード、できれば安い値段で利用したいと思うのが当たりまえですよね。
しかし、安いものはそれなりのステータスしか併せ持っておらず、使いものにならないとなったら困ってしまいます。

 

そこで当ページでは、年会費が利用者の負担にならないほど安いのに、特別なステータスを備えている法人カードを比較し紹介します!

 

更に、比較した中から見つけた「年会費無料」の法人カードも特別にご紹介!
無料と有料の法人カードを比較し、お互いどこが優れているかを比較検証します!

 

また、年会費で法人カードを選ぶ場合、どの法人カードを選べばお得か分かる比較の方法も紹介いたします!

 

では、どうぞ。

 

 

 

 

 

安い1枚を探すには4項目のチェックが大事

 

法人カードの年会費ですが、当然安いほど嬉しいですよね。
しかし年会費とは、法人カードのステータスを表す一種の指標なので、安いという理由だけで選んでしまうのは実はご法度。

 

大事なのは以下の4項目も比較し、年会費とのバランスが取れた法人カードを選ぶことです。

  • ランク
  • ポイント・マイル還元率
  • 傷害補償
  • ブランド

 

法人カードには【一般・ゴールド・プラチナ】と3種類のランクがあります。
高ステータスの法人カードの方が魅力的ですが、その分年会費も高い傾向にあります。

 

そこで大事になのが、ポイント・マイル還元率と傷害補償。

 

支払に応じて与えられるポイントやマイルは、毎月の決済額が大きい会社はぜひとも利用したいお得なサービス!
比較的高還元率の法人カードを手に入れ、年会費のコスト削減に充てたいところです。

 

もう1つが傷害補償です。
法人カードを比較してみると、旅行中などの不意な事故や病気に対応した保険サービスが付いたものがあります。
なかには1億円を超える補償額を持つ法人カードもあるので、必ず比較しておきましょう。

 

最後がブランドです。
VisaやMasterCardなど世界中で使える法人カードもあれば、まだ利用できる場所が少ない法人カードもあるので、国際ブランドの法人カードか比較しておくことが大切。
また、ブランドによって受けられる特別なサービスも異なるので、ブランドの付帯サービスも比較しましょう。

 

以上4つの比較項目から、当サイトが厳選した年会費の安いおすすめの法人カードを紹介します!

 

 

 

 

 

優れたコストパフォーマンスの3枚!

 

オリコEXゴールド for Biz

比較

 

コストパフォーマンス第1位はオリコEXゴールド。

 

その魅力は付帯サービスと年会費にあります。
オリコEXゴールドのポイント還元率は0.6%から始まり、最大1.1%まで上昇する法人カード。

 

名前の通りゴールドランクの法人カードですが、このランクの平均ポイント還元率は0.5%ほどなので、比較してみると非常に高還元率なのが分かります。

 

ランクはゴールドで、ポイント還元率は平均の倍。
そんなオリコEXゴールドの年会費は一体いくらなのかというと、何とたったの2,000円
ゴールドランクの平均年会費は10,000円ほどなので、比較すると2割ほどの年会費で利用が可能です。

 

更に!今ならこのオリコEXゴールド、なんと初年度の年会費が無料で使えてしまうお得なサービスを実施中!

 

「ステータスは欲しい、けど年会費は安く抑えたい」とお考えの方は、ぜひこの1枚を検討してみてください!

 

オリコEXゴールド詳細

 

 

 

セゾンプラチナ

比較

 

「プラチナ法人カードを所持したい」と検討中の方にはセゾンプラチナがおすすめ!
なんとこちら、最安値1万円の年会費で利用できるプラチナ法人カードなのです。

 

プラチナランクの他の法人カードと比較してみると、年会費は30,000円〜50,000円が一般的。
そんななか、この法人カードは20,000円から利用ができる、お得な年会費の法人カードなのです。

 

さらにこの法人カードは、「年間利用額200万円以上」の利用者に対して、年会費を半額の10,000円としています。

 

接待費・広告費・備品といった経費の決済をこの法人カードでおこなえば、年間で200万円使うことは十分にありえます。
ぜひ前年度の支払いと比較して、導入の検討をしてみてください!

 

そんなセゾンプラチナですが、プラチナランクなのでステータスはとても優秀。
還元率はマイルもポイント1%を超えており、傷害保険は最大1億円が補償されます。
さらには、プラチナ法人カード所持者だけが利用できる、特別なサービスも付帯しております。

 

プラチナランクを比較してみて、これ以上コスパが優れた法人カードは無いといっても過言ではない1枚!
審査は他の法人カードよりも比較的甘いので、プラチナランクを所望する方は申し込んでみるのをおすすめします。

 

セゾンプラチナ詳細

 

 

 

JCB一般法人カード

比較

 

有料法人カードの中でも、年会費が比較的安いのがJCB一般法人カード。
何と年会費は1,250円と、月々100円程度で利用できてしまいます。

 

そんな格安なお値段のJCB一般法人カード魅力は、年会費だけではありません。
他の法人カードと比較してみると、魅力は傷害補償とポイントにあります!

 

JCB一般法人カードは、一般ランクでありながらも傷害保険は国内外問わず最高3,000万円の補償を付帯しています。
月に100円程度の年会費で、最高3,000万円の見返りはとてもお得です。

 

ポイントについても0.5%の還元率を備えているのですが、楽天やAmazonnといった特定のネット通販サイトを利用すると、2〜20倍のポイント還元サービスを実施されています!

 

ポイントを利用することで、JCB法人カードの年会費分を賄うことができるでしょう。
比較的年会費が安く、補償は手厚いので、信頼のおける法人カードとして所持を考えたい1枚です。

 

 

 

 

 

永久無料で利用できてしまう2枚!

法人カードは年会費を支払うことで利用ができますが、比較してみるとなかには無料の法人カードがあることが分かりました。
ここでは、比較してみて分かった「年会費が永久無料」の法人カードについて、2枚紹介いたします。

 

 

ライフカードビジネス

比較

 

ライフカードが発行する法人カード「ライフカードビジネス」。
年会費無料の希少性がある法人カードで、格安年会費を求める方にとても人気です。

 

付帯しているサービスは比較的シンプルで、ポイントや傷害補償の類は一切付きません。
しかし、ライフカードがおこなうサービス「Web Desk」に登録することで、ポイントサービスが受けられます!
※Web Deskも年会費無料で登録できます。

 

ライフカードビジネスは、法人カード本来の使い方である「経費処理」に特化したサービスを持ちます。

 

一般ランクでありながら、ゴールドの平均を超える最大500万円の利用限度額
比較してみると200万円ほどの差があり、毎月の支出が多い会社にとって嬉しい価格設定です。

 

また、法人カードの悩みの種である追加発行枚数ですが、この法人カードには制限がないので好きなだけ申し込めます
それだけでなく、ETCカードも年会費無料と同じ条件で発行できるので、車を多用する企業はぜひとも1枚持っておきたい法人カードです。

 

これらの機能を持ちながら、コストが全くかからないお得な法人カードなので、法人カードを所持したことがない方は試してみてはいかがですか?

 

ライフカードビジネス詳細

 

 

 

ビジネクスト

比較

 

もう1枚の年会費無料の法人カードはこちら、ビジネクスト。
ライフカードビジネスと比較すると、年会費が無料でありながらポイント還元率が付帯されているところが、この法人カードの注目したいところ。

 

審査基準が甘いので、赤字企業や社歴の若い会社でも比較的審査が通りやすい法人カードです。
発行までの期間は審査から約1週間以内には届くので、急いで法人カードを所持したい方には、比較的嬉しい審査基準となっています

 

他の法人カードと比較してみると、発行枚数が50枚利用限度額数は300万円と、ゴールドランク並みのステータスがあります。

 

年会費が無料で、利用性が比較的高いテータスを持つ法人カードとして、当サイトではおすすめいたします。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ